banner

実家の不動産を相続した際に負債となるケース

banner 大学を卒業して地方から、都内の企業に就職するとなかなか実家に戻ることもできなくなり、都内もしくは周辺のベッドタウンに生活の基盤ができてきます。
両親が亡くなり実家に誰も住む人がいなくなると、土地、建物を想像しても手に余る状態になってしまう方が少なくありません。
毎年の固定資産税の支払いや、周辺の草木のメンテナンスなどお金がかかるばかりの負債となります。
雑草を放置していると、想像以上に伸び放題となりますので、虫やヘビなどが発生し近所迷惑となります。
また、不審人物が隠れる絶好の場所となってしまうので、防犯上の問題もでてきます。
苦情の原因となったり、ひどいときには行政からも警告や指導を受けることになります。
草刈りを業者に依頼すると、1回で数万円の出費となりますので、大きな負担となります。
建物も定期的に掃除や空気の入れ替えなどをしないと、湿気などで痛みが進みます。
建物は住む人がいなくなると、痛むのが早くなると言われているのは、そんな理由からです。
不動産を相続しても、必ずしも財産とはならないケースがあり、負債となりがちな典型的な例を紹介させていただきました。

オール電化のマンションを大津市内でお探しなら

ゼロエネルギー住宅 山科
夏涼しく、冬暖かい、家まるごと換気システムは空キレイズムの「創」

介護でお悩みの方へ
高齢者向けサービス住宅なら介護の面でも安心して暮らせます

http://www.tomine.co.jp/
エフリッジホームは自然素材であたたかみのあるお家を設計します

一戸建てを新築するなら
おしゃれで高品質なマイホームを実現いたします

banner

不動産関連情報一覧

banner
一人暮らしをすることになり、どこに住もうかなと考え物件を探していた中で気になったのが不動産業者の違い

不動産業者を選んだポイントについて

banner
親が脳梗塞で倒れ、半身不随となったケースで、リハビリの結果なんとか車椅子であれば、自宅介護も可能とな

バリアフリー住宅の必要性から購入した中古不動産

banner
早い方では20代後半くらいから戸建てを購入される方もいるのではないでしょうか。
転勤が多い仕事

お母さん目線で不動産を選ぶ場合

Copyright(c) 不動産 All Rights Reserved.